海外旅行でのお金の準備

お金を海外に持っていくには
お金を海外に持っていく方法は大きく分けると以下の3通りです。

@現金(キャッシュ)
Aトラベラーズチェック
Bクレジットカード

これをどれぐらいの割合で持っていくかですが、昔は「現金とトラベラーズチェックを2:8の割合で」とか言われました。でも、今ではそのような事もありません。渡航先や自分の旅行のスタイルに合わせた方法で持っていってください。

@現金(キャッシュ)
盗難、紛失の心配さえなければもっとも実用的で確実な通貨です。

基本的には渡航先の現地通貨を持っていればいいのですが、訪問国が複数の場合はそれぞれ準備するのは大変ですし、日本で購入できない通貨もあります。ですからわざわざ日本で現地通貨に替えなくても日本円や米ドルで持っていき、渡航先で現地通貨に両替すればOKです。


Aトラベラーズチェック
サインした本人しか使えない、再発行が可能など、安全性の一番すぐれているのが旅行者用小切手のトラベラーズチェックです。ビザカードやマスター、アメックスなど色々な会社が発行しています。

購入は「外国為替取扱」の表示のある銀行、郵便局、旅行会社などで購入できます。購入の際、その場でホルダーズサインに署名します。署名しないまま盗難、紛失しても再発行はされません。同時に控えをくれますので、トラベラーズチェックとは別のところに保管してください。(再発行のときに必要となります)

使うたびにトラベラーズチェックの番号、金額、使用場所を控えておくのが理想的です。ひじょうに面倒ですが再発行のときに必要となります。

使用時にパスポートの提示を求められるときもあります。


Bクレジットカード
海外に行くのなら1枚は持っていたいクレジットカード。多額の現金やトラベラーズチェックを持ち歩く必要もありませんし、盗難、紛失の際にも再発行してもらえるので安全面でも安心です。

レンタカー利用時やホテルのチェックインの際には、身分証明にもなりますのでフリーなどで旅行される方には必需品です。



海外旅行についてすべて網羅しているのはココ♪
『海外旅行情報完全マニュアル』

FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。