海外旅行での旅行カバンと持ち物選び

どのようなカバンで
海外旅行のカバンといえばスーツケースが定番ですが飛行機に乗るからといってスーツケースでなければいけないってこともありません。今は、旅行カバンのタイプも色々で機能性、デザインも充実しています。

選ぶポイントは大きさ、収納力、素材(強度)、扱いやすさなどです。それぞれ長所、短所があるので自分の旅行スタイルにあった物を選んでくださいね。

飛行機に預けるメインのバックの他に手荷物用のバックも用意しましょう。これは旅行中の観光やショッピングの際に利用するので、ガイドブックやカメラなどが入り、かつ軽くて丈夫なものが理想です。


スーツケース
自分で荷物を持ち運ぶ機会の少ないパックツアーならスーツケースが便利。容量も多く、丈夫です。ただし、重いので空港までの移動で階段などでは大変です。また似たようなデザインが多いのでいろいろな工夫(スーツケースのベルトをする、ステッカーを貼るなど)をしてわかりやすいようにしてください。


バックパック
個人の自由旅行や登山旅行などつねに自分で荷物を運ばなければならない人は背負えるバックパックを。両手があくのが最大のメリット。ただし、高級ホテルでは不似合いだし、出し入れも結構大変。


3WAYバック
肩にかける、手にもつ、背負うなど状況に応じて3通り使える3WAYバッグは機能的で便利。どんなスタイルの旅行にも対応できますが、素材によっては型崩れするようなものもあります。カギがかけられるようなものがおすすめです。


キャリーバック
最近は街でもよく見かけるカートつきキャーリーバックは機能性抜群、キャビンアテンダントや添乗員もよくもっているのがこれです。
サブバックや増えた荷物をバックの上にのせることも可能。一般的に機内持込が可能です。ただし、収納性はあまり高くないので荷物の多い場合は不向き。


海外旅行についてすべて網羅しているのはココ♪
『海外旅行情報完全マニュアル』

FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。